【クミンで2kg減】カレーで使うスパイスのダイエット効果とレシピ

OPINION

カレーを食べていたら、知らないうちに2kg痩せていた。なんと良い響きなんでしょう。

カレーは代表的な太る食べ物ですが、実際に食べ方に気をつければ、痩せることが可能です。

厳選した3つの海外の論文を読みこみ、学んだことを、40字以内で簡潔に説明すると、

カレーに入ってるクミンを毎日3g食べ続けるだけで2か月で2kg痩せる」というダイエット効果があることが判明したので、読者の皆さんに伝えたいと思います。

クミンのダイエット効果の根拠を示す論文やレシピの紹介もしています。

ぜひ、最後まで読んでみてくださいね。

スポンサーリンク
  1. 普通にカレーを食べるとダイエットに失敗する原因は炭水化物。
  2. カレーに入っているクミンはなぜダイエットの味方なのか?
  3. 3つの研究成果の紹介「スパイスのクミンにはダイエット効果あり」
    1. 研究事例1:72人の男女を集め、ある条件でクミンを食べたグループが2か月で平均2kg減というダイエット効果
      1. Patients and Methods:
      2. Results:
    2. 研究事例2:ヨーグルトにクミンパウダーを3gでダイエットに成功
      1. MATERIALS & METHODS:
      2. RESULTS:
    3. 研究結果3:クミンと抗肥満薬の比較した結果、同程度のダイエット効果確認
      1. METHODS:
      2. RESULTS:
  4. 3つの論文からクミンのダイエット効果の考察した結果
  5. クミンダイエットを毎日続けるための朝ごはん!オートミールの紹介
  6. クミンのダイエット効果を実感できるスパイスカレーのレシピまとめ
    1. クミンダイエットで家族も巻き込む!基本のカレー
    2. クミンダイエットとデトックス効果の合わせ技!スープカレー
    3. ラム肉のダイエット効果はクミンとの相性もバッチリ!ラムカレー
    4. クミンダイエットしながら、便秘も解消!カラフルなほうれん草カレー
  7. 必ず読んでほしいクミンダイエットの注意点
  8. 論文を読む前に私がやっていた、独学クミンダイエットの体験談
  9. クミンダイエットがうまくいかなかった場合は停滞期かも
  10. 痩せ過ぎ注意?! クミンダイエットと白湯ダイエットの合わせ技
  11. クミンダイエットで痩せるための条件をもう一度確認。

普通にカレーを食べるとダイエットに失敗する原因は炭水化物。

学校給食の人気メニューでもあるカレーは日本人の国民食にもなりつつあります。

正直に言うと、私もカレーが大好きです。あれは美味しすぎます。1週間に2回は作っていますね。

そんな私が「美味しさのパラメーター」と呼んでいるカロリーとかいう単位だが、実際に一番カロリーが高い食べ物はカツカレーで1100 kcalだそうだ。

ちなみに2番がカツ丼で1000 kcal、3番がカレーライスで900 kcalだ。

※『こちら』からkcalの数値を引用。

カレーライス、まさかのベスト1位と3位にランクイン。

「日本人に人気の休日のランキング」だとすれば、盆と正月とGWがランクインし、

実は、その2つが同じグループ出身だったくらいの衝撃。

恐るべし、カレー。圧倒的です。

太る原因は皆さんもご存知の通り、炭水化物。

カツカレーは炭水化物の塊ですよ。米、衣のパン粉、カレーのルーには小麦粉が含まれています。

炭水化物に気をつけて、食べ方を見直すことで、カレーはダイエットの味方になります。

それはなぜか?カレーにはクミンが入っているからです。

カレーに入っているクミンはなぜダイエットの味方なのか?

クミンには2つの成分があり、これがダイエットを助けてくれます。

植物ステロール
クミンに含まれる植物ステロールには、コレステロールの吸収を抑える作用があります。
ダイエット目的はもちろん、血中のコレステロール値が気になる方にも役立ちますね。

リモネン

植物ステロールと同様、リモネンにもコレステロールの吸収を抑える作用があります。さらに、代謝を高める働きもあるので、脂肪をガンガン燃やしていきたい方の強い味方です。

代謝を高めてくれるので、運動との相性もバツグンです。

 

よくある普通のブログ記事なら、ここでまとめに入って、

「炭水化物を少なめにして、クミンをかけろ」「あと運動もね♡」とか

適当にまとめて終わるのが多いですが、せっかくなので深掘りしていきましょう。

実際に痩せたとの報告を学術論文から探していきます。

学術論文の研究は再現性を求められるため、多くのサンプルからのデータが必要になり、比較方法も理にかなっているからです。

3つの研究成果の紹介「スパイスのクミンにはダイエット効果あり」

一般的なダイエットの記事を読んでみるとカレーはいつも悪役です。

そのあとに「□を食べるだけで、〇か月で△kg痩せた!」と理想的な結果が書いてあることが多いです。

しかし、よく読んでみると、その記事には情報元がありません

筆者がどこからその情報を持ってきたかが分からないので、「根拠は?」と思ってしまいます。

筆者自身がひとつの実例だったりしますが、個人差がありますし、年齢や性別も分からないことが多いですよね。

特に最近では、正確なダイエットの効果をアピールするためにSNSでの投稿を引用してますが、しようと思えば、いくらでも捏造ができてしまいます。

そこで私は情報元を得るために、海外の論文を読みあさり、3つの論文を選びました。

正しい方法で得られた研究結果を引用して、皆さんに共有したいと思います。

スポンサーリンク

研究事例1:72人の男女を集め、ある条件でクミンを食べたグループが2か月で平均2kg減というダイエット効果

まず一つ目に読んだ海外の引用の論文は『こちら』です。英語が堪能な方は読んでみてください。

私の翻訳はこの引用文の後にあります。

Patients and Methods:

This randomized double-blind placebo-controlled clinical trial was conducted on 72 subjects with overweight, aged 18 – 50 years old.

Participants were randomly divided into three groups:

Group A received high-dose Cumin cyminum L. and lime capsules (75 mg each, n = 24),

group B low-dose Cumin cyminum L. and lime capsules (25 mg each, n = 24)

and group C placebos (n = 24) twice daily for eight weeks.

Results:

After eight weeks of intervention, compared with low-dose C. cyminum L. plus lime and placebo, taking high-dose C. cyminum L. plus lime resulted in significant weight loss (in the high-dose group: -2.1 ± 1.7 vs. in the low-dose group: -1.2 ± 1.5 and in the placebo group: + 0.2 ± 1.3 kg, respectively; P < 0.001) and body mass index (-0.8 ± 0.6 vs. -0.5 ± 0.5 and +0.1 ± 0.5 kg/m2, respectively; P < 0.001).

In addition, administration of high-dose C. cyminum L. plus lime compared with low-dose C. cyminum L. plus lime and placebo, led to a significant reduction in fasting plasma glucose (FPG) (P < 0.001) and a significant rise in quantitative insulin sensitivity check index (QUICKI) (+ 0.02 ± 0.02 vs. + 0.01 ± 0.02 and 0.01 ± 0.01, respectively; P = 0.01).

Moreover, a significant decrease in serum triglycerides (-14.1 ± 56.2 vs. +13.9 ± 36.8 and + 10.6 ± 25.1 mg/dL; respectively; P = 0.03), total-cholesterol (-18.4 ± 28.6 vs. +8.6 ± 28.5 and -1.0 ± 24.8 mg/dL; respectively; P = 0.004) and

low density lipoproteins- (LDL)-cholesterol levels (-11.8 ± 20.7 vs. +6.5 ± 23.2 and -2.9 ± 20.4 mg/dL, respectively; P = 0.01) was observed following the consumption of high-dose C. cyminum L. plus lime compared with low-dose C. cyminum L. plus lime and placebo.

私が翻訳するとこのような感じ。

18歳から50歳の72人の肥満の人を3つのグループに分け、8週間に渡り、以下のようにした。

グループAには、クミンとライムのカプセルを75mg

グループBには、クミンとライムのカプセルを25mg

グループCには、プラシーボ(効果のない薬)を1日2回与えている。

8週間後の体重の変化は、クミンを多く摂取したグループは平均でー2.1kg、クミンを少なめに摂取したグループは平均ー1.2kg、プラシーボのグループは+0.2kgだった。

体脂肪にも変化があり、さらには、中性脂肪(triglycerides)や悪玉コレステロール(LDL)の減少にも効果があった。

つまり、この結果から摂取するクミンの量でダイエット効果に差がありそうです。

研究事例2:ヨーグルトにクミンパウダーを3gでダイエットに成功

「ヨーグルトにクミンを3g入れるだけ!」このキーワードはかなり魅力的ですね。

実際に、クミンの効果を語る時にかなりの確率で出てきますが、情報元を読んだことがある方は何人いるのでしょうか?

情報元を見つけました!引用した論文は『こちら』です。

論文を読んで、私が調べられる範囲では、何kg痩せたかは詳細な数字は書いてありませんでした。

MATERIALS & METHODS:

In this randomized clinical trial, 88 overweight/obese women were randomly assigned into two groups.

The experimental group was asked to have 3 g/d cumin powder with yogurt at two meals for 3 months.

The same amount of yogurt minus cumin powder was prescribed for the control group.

All patients received nutrition counseling for weight loss in a similar manner.

Anthropometric and biochemical parameters were determined before and after the intervention.

RESULTS:

Cumin powder reduced serum levels of fasting cholesterol, triglyceride, and LDL and increased HDL. Weight, BMI, waist circumference, fat mass and its percentage significantly reduced. It has no effect on FBS and fat-free mass.

私が翻訳するとこのような感じ。

88人の肥満の女性をランダムに2つのグループにわけた。

1つのグループには、3か月の間、1日3gのクミンパウダーをヨーグルトと一緒に2回の食事に加えてもらう。もう一つのグループは同様に同じ量のヨーグルトを食べてもらうが、クミンパウダー抜きで食べてもらう。

全員に減量のための栄養の講習を受けてもらい、身体測定や科学的なパラメーターを検査前後で実施している。

実験の結果、クミンパウダーはコレステロールの代謝や中性脂肪、悪玉コレステロールの減少させ、善玉コレステロールの増加させた。

さらに体重やBMI、ウエスト、体脂肪がかなり減少し、空腹時の血糖値や除脂肪体重に影響はなかった。

つまり、この結果から1日に3gのクミンパウダーを摂取すれば良さそうですね。

結果もかなり素晴らしいです!

体重、BMI、ウエストの減少に加え、コレステロールの代謝や中性脂肪、悪玉コレステロールの減少で痩せやすい体質になりそうです。

スポンサーリンク

研究結果3:クミンと抗肥満薬の比較した結果、同程度のダイエット効果確認

最後に紹介するのは、orlistat 120と呼ばれる抗肥満薬とクミンを1日3回与え、体重の変化を確認した研究結果です。

orlistat 120については、厚生労働省の「個人輸入において、注意すべき医薬品等について」というページでは、2009/8/24にこのように記されています。

FDA(米国食品医薬品局)は当該製品に関連して32例の肝障害が報告されていることを公表した。FDAでは今後、当該製品の安全性に関する評価を継続する。 消費者には、当該製品使用する際若しくは肝機能に異変を感じた際は医療関係者に相談することを勧めている。

引用した論文は『こちら』です。

METHODS:

This randomized double-blind placebo-controlled clinical trial was conducted among 78 overweight subjects (male, n = 18; female, n = 60) aged 18-60 years old.

Participants were randomly assigned into three groups to receive: (1) cumin cyminum L. capsule (n = 26); (2) orlistat120 capsule (n = 26) and (3) placebo (n = 26) three times a day for 8 weeks.

Anthropometric measures and fasting blood samples were taken at baseline and after 8 weeks of intervention.

RESULTS:

Consumption of the Cuminum cyminum L. and orlistat120 resulted in a similar significant decrease in weight (-1.1 ± 1.2 and -0.9 ± 1.5 vs. 0.2 ± 1.5 kg, respectively, p = 0.002) and BMI (-0.4 ± 0.5 and -0.4 ± 0.6 vs. 0.1 ± 0.6 kg/m(2), respectively, p = 0.003) compared with placebo.

In addition, taking Cuminum cyminum L., compared with orlistat and placebo, led to a significant reduction in serum insulin levels (-1.4 ± 4.5 vs. 1.3 ± 3.3 and 0.3 ± 2.2 µIU/ml, respectively, p = 0.02), HOMA-B (-5.4 ± 18.9 vs. 5.8 ± 13.3 and 1.0 ± 11.0, respectively, p = 0.02) and a significant rise in QUICKI (0.01 ± 0.01 vs. -0.005 ± 0.01 and -0.004 ± 0.01, respectively, p = 0.02).

私が翻訳するとこのような感じ。

18人の男性と60人の女性をランダムに3つのグループに分けた。

1のグループにはクミン、2のグループにはorlistat120(抗肥満薬)、3のグループにはプラシーボ(効果のない薬)を1日3回8週間に渡って与えた。

身体検査や血液検査は試験前後に実施。

プラシーボと比較して、クミンとorlistat120の結果は、体重とBMIに関して似ていた。

体重(kg)の変化(クミンが-1.1 ± 1.2 、orlistat120が-0.9 ± 1.5に対し、プラシーボは0.2 ± 1.5)

BMI(kg/m)の変化(クミンが-0.4 ± 0.5 、orlistat120が -0.4 ± 0.6 に対し、プラシーボは 0.1 ± 0.6)

さらに、クミンはorlisttat120の結果と比較して、血清インスリンの値が減少している。

血清インスリンの値(µIU/ml)の変化(クミンが-1.4 ± 4.5 に対し、orlistat120が1.3 ± 3.3 、プラシーボが0.3 ± 2.2)

クミンは抗肥満薬と同様に、体重やBMIを下げるだけでなく、インスリンの値も下げていますね。

3つの論文からクミンのダイエット効果の考察した結果

1つ目の論文では、

クミンの量を増やすと(25→75mg)とダイエット効果が高まりそう(-1.2kg→-2.1kg)な結果になっていますね。

2つ目の論文では、

栄養の講習を受けた後に1日3gのクミンをヨーグルトにかけて2回に分けて、食べていました

3つ目の論文では、

クミンにはorlistat120という抗肥満薬と同等の減量効果がありそうです。

このことから考えると、私の結論は、

1日3gのクミンを食べながら、バランスよく栄養に気をつけて食べることがダイエットに良さそう!

だということになります。

クミンダイエットを毎日続けるための朝ごはん!オートミールの紹介

カレーを作らなくても、クミンは簡単に摂取できます。

私が最近継続しているのがオートミールとクミンパウダーの組み合わせです。


オートミールはオーツ麦を脱穀して加工したものです。

小麦とは異なり精白されていないので、胚芽などに含まれる栄養を摂ることが可能です。

食物繊維、鉄分、カルシウム、ビタミンB1、ミネラルなど、複数の栄養素が含まれています

これだけでかなり栄養にいいのですが、

①ダイエット効果のあるクミンパウダー

②食物繊維のバナナ

③質の良い糖分のハチミツ

④リラックス効果のあるシナモン

を加えるだけで、最強の朝ごはんが完成します。忙しい朝でも5分あれば作れます。

私の作り方は以下の通りです。


材料(一人分)

オートミール 30g

牛乳(豆乳でも可) 180ml

バナナ 1/4本

クミンパウダー 3g

ハチミツ 適量

シナモンパウダー 適量


作り方

①小さい鍋にオートミールと牛乳、クミンパウダーを加え、中火で加熱する。

②バナナを輪切りに切る

③牛乳が沸騰したら、火を止めて器に盛る。

④バナナをのせ、ハチミツ、シナモンパウダーをかけたら、完成。

本当に時間がない方は、耐熱容器にオートミールと牛乳を入れて、電子レンジで加熱もありです。私も急いでいるときはそうしています。

オートミールはかなり腹持ちがいいので、朝ごはんはこれのみで問題ありません。

お粥にすることで、胃腸にも良いため、朝から冷蔵庫から出したばかりの冷たい牛乳をシリアルにかけて食べるより、かなり健康的だと思います。

一日30gなので、市販で売っている300gの商品を買うと10日分です。

以下のリンクの商品は4個セットなので、1ヶ月以上は楽しめますよ。

クミンのダイエット効果を実感できるスパイスカレーのレシピまとめ

クミンパウダーのレシピは他にもあります。全てクミンを使ったカレーです。

お好きなカレーを作ってみてください。

まずはカレーを必要なものが知りたい方はこちらの記事をどうぞ。

スパイスカレーを作るには?初心者が買うべき物まとめ【2020年版】
大阪でブームが始まったとされるスパイスカレーは、今や日本中で人気が高まりつつあります。 スパイスカレーが人気の秘密は、色あざやかなハーブを多用するためSNS映えすることや、 「カレー=太る」といった常識を覆しつつあるからです。 ...

クミンダイエットで家族も巻き込む!基本のカレー

30分で作れるスパイスカレーの記事です。カレールー(小麦粉)を使わないカレーのレシピです。

初心者にも作れるように、丁寧に書きました。

フライパンで簡単にできるスパイスカレーの作り方!3つの時短テクも紹介
カレーって時間がかかるものだと思っていませんか? 煮込むだけで30分以上のレシピがあるし、飴色の玉ねぎも弱火でじっくりなんて、忙しくてやってられない。 ...

クミンダイエットとデトックス効果の合わせ技!スープカレー

デトックス効果の高い材料を使ったスープカレーのレシピです。

フォロワーさんのために開発した自信作です。

デトックススープカレーの作り方~スパイスでダイエット効果を高める
ダイエット効果が期待できるデトックススープカレーの紹介です。 野菜を豊富に使ったスープでデトックス! という話題を耳にしたことはありますよね? デトックスに効果的な野菜をスープに入れて飲み、代謝を上げる効果を期待するスープです。...

 

ラム肉のダイエット効果はクミンとの相性もバッチリ!ラムカレー

ラム肉のダイエット効果を使ったカレーのレシピです。

ラム肉の独特な臭みもスパイスの力で和らげることができますよ。

ラム肉、マトンで作るダイエットカレーのレシピ。臭みを消す方法も紹介
ダイエットやトレーニングに励んでいる方のツイッターなどを拝見すると、好んでラム肉やマトンを食べています。 調べてみるとラム肉やマトンは他の肉と比べ、脂肪の燃焼やコレステロールを減らす働きを持つL-カルニチンが多いので、ダイエット効果が...

クミンダイエットしながら、便秘も解消!カラフルなほうれん草カレー

ほうれん草はビタミンや葉酸が豊富で栄養価バツグンです。

もともとはツイッターのフォロワーの妊婦さんの悩みを解決するために開発したレシピです。

便秘を改善することで、健康的に痩せていきましょうね!

妊婦さんのためのほうれん草カレーのレシピ!スパイスで便秘も解消?
私のツイッターのフォロワーさんに妊婦の方がいらっしゃいます。 血行不良やむくみ、便秘、消化不良に悩まされているそうです。 妊娠中には色々な体の変化がありますし、赤ちゃんと一心同体なので、食べるものにも気をつかいますよね。 ...

 

全てカレーのレシピです。

カレーなら家族の協力も得られやすいと思います。

ご飯は少なめでカレー多めで美味しく食べましょう。

スポンサーリンク

必ず読んでほしいクミンダイエットの注意点

最後に、クミンダイエットの注意点を説明します。

スパイス全体に言えることですが、多量に摂取すると副作用が起きる可能性もあります。

万が一を考えて、今回紹介した論文で出てきた量(1日3gまで)を基準にしてください。

本当は怖いスパイスのナツメグの副作用はこちら

頑張るあなたに!肉料理にナツメグを入れる7つの理由とその効果
ナツメグはインドの食卓でよく見られる甘くでスパイシーなナッツのようなスパイスです。 ナツメグはハンバーグなどの肉料理やお菓子、スープやサラダなど多様な料理に合うだけでなく、 健康にも効果があります!そんな優等生なナツメグのすごい...

また、妊娠中の女性は注意してくださいね。

スパイスは刺激物になりやすく胃を荒れさせたり、胃もたれを起こす可能性があります。

また、セリ科の植物にアレルギーがある人や出血性の病気に罹っている人も注意してください。

クミンは血液が固まりにくくする効果があります。

スポンサーリンク

論文を読む前に私がやっていた、独学クミンダイエットの体験談

私も大学在学中に太ったことがあり、クミン入りのスパイスカレーを食べ続け、1年で5kg痩せた経験があります。 詳しくは以下の記事を読んでください。

体重が1年で5kg減! カレーで使われるクミンが持つダイエット効果
今回は、大学時代に不規則な生活と暴飲暴食で1年で約10kg太った自分が、 スパイスカレーと出会い、クミンを食べることで、どう痩せていったかを紹介したいと思います。 クミンにはあなたのダイエットを助けてくれる3つの効果がありますよ...

クミンダイエットがうまくいかなかった場合は停滞期かも

ダイエットには停滞期と呼ばれる体重が減りにくい期間があります。

努力しているのに結果が出ないので、とても辛いですよね。

停滞期を乗り越えるために知っておいて欲しい内容を記事にしたので、読んでみてくださいね。

ダイエット停滞期で辛いあなたに。ストレスなく乗り越える6つの工夫
ダイエットを始めてから、徐々に体重が減っていったのに、ある時から急に減らなくなる。 ダイエットの「停滞期」とは、ダイエット中の大きな壁ですよね。 この停滞期は、ダイエットの結果が出ないので苦しく、ストレスもたまりがちです。 ...

痩せ過ぎ注意?! クミンダイエットと白湯ダイエットの合わせ技

そんなに料理作っている時間なんてない!という方は思い切って、白湯に挑戦しましょう。

アーユルヴェーダの一つで、やり方はお湯を煮詰めてクミンパウダーを加えるだけ!

普通の白湯だけでも痩せれる効果があるのに、スパイスのクミンのダイエット効果で相乗効果を狙っちゃいましょう!

白湯ダイエットの効果を上げる3つの要素!スパイスで便秘も解決?
冷え性や便秘の改善も兼ねて、白湯ダイエットを続けているけど効果を全く感じない。 周りの子はうまく痩せているのに、なぜ自分だけ効果が出ないのか? 白湯ダイエットで痩せない人に、知ってほしい3つのことがあるんです。 あなたは何...

クミンダイエットで痩せるための条件をもう一度確認。

①クミンにはダイエット効果がある

②バランスの良い食事でクミンの摂取量(1日3g)を守る

③オートミールのお粥やスパイスカレー、白湯など。他にも普段の食事に加えてみる。

④クミンダイエットができる条件か確認する。(妊娠、アレルギー、出血性の病気がないか)

 

この記事を読んで、やってみようと思った方は早速スーパーマーケットでクミンを買うと思います。

実際に売られているクミンパウダーは小瓶で売られていることが多いので、量が少ないです。

クミンパウダーを何回も買い続けると結構高いと思います。

1日3g使うので、一度にある程度の量を買ったほうがお得ですよ。

ここまで長文だったとは、思いますが、読んでくださり、ありがとうございました。

みなさんがスパイスの効果で健康に痩せて、幸せになってもらえると嬉しく思います。

以上、「【クミンで2kg減】カレーで使うスパイスのダイエット効果とレシピ」の記事でした!

コメント

タイトルとURLをコピーしました