MY ORIGIN

こんにちは! マサラリーマンと申します。

名前の由来はマサラ (=ミックススパイスの意味)とサラリーマンをかけあわせた造語です。

スパイスの効能とスパイスで料理を作ること、食べることで得られる感動を共有したい思いで

令和元年5月1日に、BE LIKE CURRYをモットーとして、ブログを開設しました。

スポンサーリンク

スパイスに出会った経緯

サラリーマンになる前は、日本の大学にある留学生専用の寮に管理人として住み、20ヶ国以上、総勢100名を越える留学生達と出会い、友情を深めてきた。

スパイスに出会ったのは、留学生と共に暮らしていく生活に慣れてきて、3ヶ月たった時だった。

2014年7月7日。カレーに興味があった私はインド人留学生のSさんにレシピを渡してもらったのだ。レシピは私のために簡単な英語で書かれており、理解しながら一人で作った。

ただ、一生懸命作ったスパイスカレーは全く美味しくなかった。味気がない。

それを食べた他のインド人留学生のRさんがSさんが書いたレシピに文句を言いながら、添削する。

いや、間違えなく作った自分が悪い。理不尽である。Sさんも負けじと自分のカレー論を展開。

「それならもう一度作ってやろうじゃないか」と1週間後に3人でカレーを作る約束をする。

 

玉ねぎの切り方や鍋に入れる材料の順番。肉をマリネするヨーグルトの量やら入れるスパイスの種類。もう一度カレーを作る時もRさんとSさんのカレー論はぶつかり合う。

Rさんがインドの実家から持ってきたスパイスの色や香りは、自分にとって、とても魅力的で新しい衝撃だった。

わいわいやっているうちに他の国の留学生も集まり始める。

キッチンから香ってくるスパイスに魅了され、キッチンには国籍や文化の異なる5人が集まった。

留学生たちは母国を離れ、日本に研究をしに来ていた。慣れない日本での生活に消耗し、研究室から帰れば、自分一人の部屋に引きこもる。そんな彼らの日常が変わっていく瞬間だったように思う。

 

カレーが出来上がった。ーー美味しかった。会話が弾む。

「今度は俺が麻婆豆腐を作ろう」「いや、まずはアリオリソースとポテト!」「もう一回カレー!」

その時また、自分の人生が変わっていった瞬間だったように思う。カレーを作っていた時の衝撃と食べている時に共有できる幸せな気持ち。この気持ちをなんとかして他の人にも味わってほしい。

BE LIKE CURRY に込められた意味

人生の鍋に軸となる考え方(肉や野菜)を入れたら、刺激的な経験(スパイス)を加えていく。

たくさんのスパイスの相乗効果で人生は何倍、何十倍も色鮮やかに、味わい深くなっていく。

 

スポンサーリンク
MASALA ~BE LIKE CURRY~
タイトルとURLをコピーしました