カレーに使うトマトは生よりも、ホールトマト缶を選ぶべき3つの理由

OPINION

カレー作りに欠かせないのはトマトですね。

トマトの甘みや香りがカレーや煮込み料理の美味しさを際立たせます。

作ったカレーの味がなぜか酸っぱかったり、よく決まらないと言う方や、トマトの甘みを活かしたカレーを作りたい方のためにこの記事を書いています。

ぜひ、この記事を読み進めてください。

あなたの貴重な5分間を私にください!後悔させません。

スポンサーリンク

料理に使うトマトは4種類あるが、ホールトマト缶がカレーに最適。

皆さんはカレーにトマトの味を加えたいとき、何を選びますか?

①生のトマト

②カットトマト缶

③ホールトマト缶

④トマトケチャップやトマトジュース等の既製品

もちろん、それぞれに良さはありますが、私の4年以上のカレー作りの経験から、

カレー作りには自信を持って、③のホールトマト缶をお勧めします。

では、ホールトマト缶が優れている理由を3つ説明します。

トマト缶は味が安定しているので、カレー作りに合うから

味が安定しているのは、缶詰のメリットです。すでに前処理で加熱されています。

一方、生のトマトは旬の時期ではない場合、トマトの美味しさの個体値がばらつきます。

また美味しい生のトマトの選ぶためには、スーパーに通って自分の目で確認する必要があります。

トマトの品種によっては、生やサラダで食べると美味しいトマトと加熱することで美味しくなるトマトがあります。美味しいトマトを選ぶ目を養うのは、なかなか骨が折れそうです。

その点、缶詰は選ぶ目はいりません。賞味期限の確認だけです。

トマト缶は長期保存に向いているし、買うタイミングを選べるから

缶詰のメリットの2つ目です。言わずもがなですね。

生のトマトは冷蔵庫に入れていても、10日程度です。

開封前のトマト缶なら賞味期限は2年以上です。

さらにトマト缶はいつでも買うことができます。

普通のスーパーやカルディだと100円で買えます。

カルディのセールのタイミングを選べば、80円くらいで買えることも。

安いタイミングで買いだめしておくのもいいかもしれませんね。

料理のスキルが低くても、ホールトマト缶は美味しくできるから

ここまで缶詰のトマトがカレーに選ばれる理由を説明してきました。

ところで、ちなみになんですが、

ホールトマト缶とカットトマト缶では使われるトマトの種類が違うのはご存知ですか?

 

ホールトマトでは細長いサンマルツァーノ種のトマト、あるいはその改良種が使われています。

イタリアを代表する品種で、加熱することで美味しくなります。

味が濃く、煮崩れやすく、トマトソースなどにするにはもってこいです。

一方、カットトマトには丸い形のトマトが使われます。

こちらのトマトも改良種で、加熱に向いたトマトであることには変わりはないありません。

特徴として、果肉がしっかりしていて煮くずれしにくいです。

そのことによって、カットしたトマトを水煮しても、ソースのようにどろどろになってしまわず、果肉がちゃんと残るようになっています

 

私がカットトマト缶ではなく、ホールトマト缶を選ぶ理由はここにあります。

2つに分けてまとめます。

1つ目は、煮込む時間が足りないとカットトマト缶ではどうしても形が残ってしまう点。

2つ目は、ホールトマト缶は味が濃厚だという点。

 

トマトの食感を前面に出したいカレーやあっさり目のカレーが好きだという方には、

カットトマト缶の方が良いかもしれません。

私はカレーの濃厚な味やトマトの濃い甘みや種からくる心地よい酸味を味わいたいので、ホールトマト缶をオススメします。

おまけ:既製品は、カレーに合わせるのは難しいかもしれない

ケチャップやジュースの扱いは、正直難しいです。

既製品はトマト以外にも様々な材料が含まれています。

入っているものをみてください。完璧な混合物です。

何が入っているかを把握しないといけませんし、入れる量でトマトの味のコントロールをしようとすると、余計なものも入ってしまうことになります。

トマトジュースを使う場合は、甘みや水分を大量に鍋に入れることになりますので、かなり味のコントロールは困難を極めるでしょう。

カレーを作るのには、あまりオススメはできません。

理想論:美味しい生のトマトを選んで、正しく料理する

カレーを極める上で私の理想を書きます。

①一番良い状態のトマトを一番美味しい旬の時期に手に入れる。

②微妙に水分量が異なるトマトたちを切る。

③加熱するときは、確実に水分が飛ぶように、果肉を潰す。ただ、鍋の中の水分の調整は忘れない。

この3つの動作が全てうまくいったとき、平均点が90点のホールトマト缶を超えることができると考えます。

かなり難易度が高いことがわかりますね。

特に①のトマトを手に入れるまでのハードルが高く、自分では制御できない要素もあるので、

やはり、ホールトマト缶が最適だと考えます。

最後まで読んでくださり、ありがとうございました!

この記事を読んで、いますぐにホールトマト缶でカレーが作りたい方は、以下の記事をどうぞ!

たった30分でカレーが作れますよ!

フライパンで簡単にできるスパイスカレーの作り方!3つの時短テクも紹介
カレーって時間がかかるものだと思っていませんか? 煮込むだけで30分以上のレシピがあるし、飴色の玉ねぎも弱火でじっくりなんて、忙しくてやってられない。 ...

コメント

タイトルとURLをコピーしました