カレーの隠し味に生姜は合う?効果や分量、タイミング・使い方を紹介

カレー 隠し味 生姜OPINION

カレーの隠し味に生姜を加えることで、味が濃くなり、一気に美味しくなります。

しかし入れすぎると、味のバランスがとれなくなってしまうので、注意が必要です。

この記事では、

2014年からカレーを作り続けている筆者が

生姜を隠し味として加える効果や量、タイミングを徹底解説します。

■この記事で分かること
①生姜を使う時に必要な知識
②生姜と同じ効果を持つ食材
③おすすめの隠し味とカレーレシピ

カレーの隠し味に生姜は合う?効果はコク&香りを追加

ガラムマサラ 使い方

そもそもカレーの隠し味には、それぞれ効果があると考えています。

「効果」とは味の方向性で5つあります。

■カレーの味の5つの方向性と食材例
①コクの方向性 (バターなど)
②甘みの方向性 (チョコなど)
③香りの方向性 (生姜など)
④苦みの方向性 (コーヒーなど)
⑤酸味の方向性 (酢など)

これら5つの味の方向性を意識して、隠し味を使うことで、

自分の理想の味にカレーを近づけていくことができます。

隠し味について詳しく説明した記事がこちら。

>カレーの隠し味ランキング5選!無印から学ぶプロの味を出す方法

今回の記事のテーマであるカレーに生姜を入れた場合は、以下の効果が得られます。

■カレーの隠し味、生姜の効果
①カレーにコクを加える
②カレーに香りを加える
※ニンニクと使うことで効果倍増!

次の章で詳しく説明しますが、

生姜はカレーのベースの味をつけることができるので、便利な食材の一つです。

カレーの隠し味に生姜を入れるなら、ニンニクも忘れずに!

本場インドのカレーには間違いなく、生姜とセットでニンニクが使われます

GGペースト(Garlic&Ginger)とも呼ばれ、ほとんどニコイチのような存在です。

カレーの味が物足りないと感じたら、まずニンニクと生姜を入れておきましょう。

それでもカレーのパンチが足りないと感じる方は

こちらの記事を読んでください。美味しいカレーを作る方法を載せています。

>スパイスカレーが物足りない?コクがない時に試したい5つの方法

ちなみに生のニンニクを包丁でみじん切りにすると、どうしても手が臭くなりがちです。

ガーリックプレスを使うと手を汚さずにニンニクをつぶすことができます。

料理を作るときは、ガーリックプレスのような便利な調理道具を使って時短しましょう。

毎日使うことで大きな時短になります。

手を洗う回数が減れば、手荒れを防げますし、あなたの自由な時間も増えますよ。

>スパイスカレー調理道具15選!7年以上作り続けた私のおすすめを紹介

カレーの隠し味に生姜を使う時の分量は?入れすぎると風味が強すぎる

説明した通り、カレーの隠し味としての生姜は、ニンニクと一緒に使うことで、

しっかりとカレーにコクをつけてくれます。

ただし、入れ過ぎると、味のバランスが崩れてしまいます。

生姜の独特な香りはなかなかリカバリーがきかないです。

そこである程度の量を決めておきましょう。

隠し味に使う生姜の適量に、

これといって決まりはありませんが、一つの基準としては以下です。

基本的には既製品のペーストで問題ありません。

ニンニクと一緒に使う場合は生姜と同じ量を入れておけばオッケーです。

■生姜の分量(隠し味)
「4人分で小さじ1」を目安に入れる
※生の生姜なら2cmくらいをスライス

計量スプーンで少しずつ加えて味見をします。

絶対にしてはいけないことは、

味がまとまらないからといって、どんどん生姜を追加し続けること。

うまくまとまらない場合は、塩などを小さじ1入れて味を整えて下さい。

隠し味を上手に使う方法はこちら。

>カレーの隠し味ランキング5選!無印から学ぶプロの味を出す方法

軽量スプーンがない方はぜひ1セット持っておきたいところです。

下の商品はマグネットつきなので、使わないときは冷蔵庫に貼っておけます。

バラバラにならずにひとつにまとまり、収納もしやすいのがポイントです。

すでに分量を超えて入れすぎてしまい、

カレーの味がおかしくなった場合は、こちらの記事をどうぞ。

>まずいカレーを美味しくするには?年100回作る私の復活方法まとめ

カレーのトラブルを解決する記事です。

カレー作りのノウハウをまとめた記事なので、ブックマークしておくと便利です。

カレーの隠し味、生姜の使い方!入れるタイミングはいつがおすすめ?

カレー 失敗しない 作り方

生姜を入れるタイミングは、

生の生姜を使うか既製品のジンジャーペーストを使うかで、少し異なります。

生の生姜を使う場合

タイミングは、具材と同じです。

生姜2cmくらいをみじん切りにするか薄くスライスして、弱火で炒めましょう。

ニンニクも一緒に使う場合は、ニンニク1カケをみじん切りorスライスします。

既製品のおろしニンニクチューブを使うなら、2cmほど入れましょう。

弱火で炒めることで、ニンニクと生姜の香りが油に移り、しっかりとした香りとコクが出ます。

流れとしては以下の通り。

生姜&肉・野菜→水→ルウの順

ルウを入れるときと同じタイミングで入れると、

加熱が足りず、生姜の味だけが分離して、まずくなります。

必ず具材を炒める時と同じタイミングで入れるようにしましょう。

既製品のペーストを使う場合

ペーストを使う場合は、2つのタイミングがあります。

しっかりと生姜の風味を生かしたいなら、カレールウと同時に。

生姜が少し苦手なら、生の生姜と同じように最初に弱火で炒めましょう。

流れとしては、以下の通り。

生姜&具材→水→ルウ&生姜の順

個人的には、生姜は具材と一緒に炒めたほうが失敗しません。

生姜の風味を強くしたいなら、カレールウと同じタイミングで入れてください。

必ず味見をしてから、生姜をさらに加えるかを判断してくださいね。

生姜にカレーの隠し味以外の用途が!肉を柔らかくする効果あり

実は生姜は、

カレーの隠し味以外の用途があるんです。

それはずばり、肉を柔らかくする効果です。

肉を焼く前に生姜やヨーグルトなどと一緒に放置しておくことで、

段違いに肉が柔らかくなります。

生姜には、タンパク質を分解するプロテアーゼという酵素が含まれているからです。

カレーの肉を柔らかくする方法について、以下の記事で詳しく説明しています。

簡単に実践可能な方法を3つ紹介しているので、ぜひ一度試しに読んでみてくださいね。

>【必見】カレーの肉を柔らかくする簡単な3つの方法!年100食以上作る私が解説

カレーの隠し味、生姜の代用品!香りの効果をもつ食材は?

カレーに生姜を入れることで得られる効果は、コクと香りをプラスするものでした。

ニンニクと組み合わせて使うことでさらにコクと香りがアップします。

生姜以外にも同じ効果をもつ食材があるので、紹介します。

カレーにコクをつける食材は乳製品など多くあるので、香りをつける食材を紹介します。

小さじ1でも十分に効果があるので、必ず味見をしながら加えましょう。

カレーに香りをつける食材一覧

■香りを加える食材(クリックで詳細確認)
ニンニク(THE王道!間違いなし!)
・ショウガ(THE王道!本場インドも使用)
ガラムマサラ(さらにスパイシーに)
・クミン(インドの香り、エスニック風)
・ウスターソース(爽やかな香りを追加)
・めんつゆ(和風テイストのカレーに)
カスリメティ(SNS映え最強!本場の味)

ガラムマサラやクミン、カスリメティは、スパイスの種類です。

香りに特化するなら、スパイスの使用も検討しましょう。

コクをつける食材も知りたい方は、こちらの記事をどうぞ。

>カレーの隠し味ランキング5選!無印から学ぶプロの味を出す方法

いつもと違うカレーを楽しんでほしいです。

本格的なカレーの香りに一緒に食べる人もびっくりすると思います。

ちなみにクミンにはダイエット効果も期待できるので、ぜひ使ってみてください。

>スパイスカレーで痩せる?クミンのダイエット効果の論文とレシピまとめ

カレーの隠し味!生姜以外でおすすめの食材は?

そもそもカレーにとって、一番美味しい隠し味を決めるのは容易ではありません。

隠し味には多種多様な食材が使われており、

それぞれの家庭、生まれ育った環境に、

それぞれの思い出のカレーの味がありますね。

そこで、筆者も悩み抜き、

一つの結果を導きました。

美味しい隠し味を見つけるには、

「レトルトカレーの原材料からヒントを得る」

ということです。

最近のレトルトカレー市場の拡大は目を見張るものがあり、

今やカレールウの市場よりも大きいものになっています。

つまり、美味しいレトルトカレーの原材料を調査し、分析することで、

美味しいカレーの隠し味を見つけることができる。

と筆者の私は思っています。

実際に、売れている無印良品のレトルトカレーの原材料を調査し、

まとめた記事がこちらです。

>カレーの隠し味ランキング5選!無印から学ぶプロの味を出す方法

あなたのカレーがもっと美味しくなる、

そんなヒントを得られる記事です。

【実践編】カレーの隠し味として生姜を使っているレシピ

最後に、隠し味として生姜を使っているカレーのレシピを紹介します。

カレー粉で作れる当ブログで大人気のラムカレーのレシピです。

このカレーは隠し味としてヨーグルトを使用しており、

生姜とは違ったコクを楽しむことができます。

ラム肉はどうしても臭みが強いので、敬遠されがちですが、

生姜の香りとヨーグルトの効果で、肉の臭みも取れて、美味しく仕上がります。

ぜひ生姜を入れた美味しいラム肉カレーを食べてください!

>ラム肉、マトンで作るダイエットカレーのレシピ。臭みを消す方法も紹介

他にも当ブログには、「欧風カレー」や「ひよこ豆カレー」、「スープカレー」など

多くのカレーやスパイス料理のレシピを紹介しています。

特に、生の生姜を使った辛口ジンジャーエールは当ブログでも人気のレシピです。

>自家製辛口ジンジャーエールの作り方・レシピ【カロリーオフも可能】

ラムカレー屋ジンジャーエールのほかにも、

日常の献立に少し刺激が欲しいと思っている方に読んでほしい記事をまとめて紹介します。

本格的なチャイや普段使いできるスパイシーチャーハンも作れますよ。

>当ブログのレシピ記事のまとめはこちら。

まとめ:カレーの隠し味に生姜を使って、香り&コクを上げよう!

カレーの隠し味に生姜を使うと、

以下のメリットがあります。

■カレーの隠し味、生姜の効果
①カレーにコクを加える
②カレーに香りを加える
※ニンニクと使うことで効果倍増!

隠し味に使うこの適量に、

これといって決まりはありませんが、一つの基準としては以下です。

■生姜の分量(隠し味)
「4人分で小さじ1」を目安に入れる
※生の生姜なら2cmくらいをスライス

ニンニクと一緒に使う場合は生姜と同じ量を入れておけばオッケーです。

計量スプーンで少しずつ加えて味見をします。

基本的には既製品のペーストで問題ありません。

絶対にしてはいけないことは、

味がまとまらないからといって、生姜を追加し続けることです。

うまくまとまらない場合は、塩などを小さじ1ずつ入れて味を整えるほうが失敗しませんよ。

詳しく説明した記事がこちらです。

>カレーの隠し味ランキング5選!無印から学ぶプロの味を出す方法

軽量スプーンがない方はぜひ1セット持っておきたいところです。

下の商品はマグネットつきなので、使わないときは冷蔵庫に貼っておけます。

バラバラにならずにひとつにまとまり、収納もしやすいのがポイントです。

以上です。最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました