ホールスパイスとパウダーの特徴や違い、使い分け!実は代用可能?

SPICE

スパイスを使って、料理をするようになると、

「ホール」や「パウダー」といった用語に出会います。

ざっくりとした説明をするなら、

ホールは、スパイスの原型(種や葉)のまま

パウダーは、ホールを粉砕したもの

ということです。

さて、この記事では

2014年からスパイスの魅力にとりつかれ、

スパイスからカレーを作り続けている筆者が

ホールスパイスとパウダースパイスの違いや使い分けを解説します。

この記事で分かることはこちら

①ホールスパイスの特徴
②パウダースパイスの特徴
③それぞれの使い分け
④パウダーはホールの代用になるか?

ホールスパイスの特徴、注意点は?パウダーとの違いは香りの○○

まずはざっくりと説明します

■ホールスパイスの特徴
・スパイス本来の形
・香りが飛びにくい
・そのままでは食べにくい

ホールスパイスは、スパイス本来の形の状態で乾燥させたものです。

例えば、種や果実、樹皮や葉の状態ですね。

皆さんになじみがあるのは、ブラックペッパーだと思います。

黒い粒状のスパイスですね。

ホールスパイスの特徴は、粒が大きく、香りが飛びにくいことです。

ホールスパイスは硬くて、そのままで食べることは難しいので、

熱した油にホールスパイスを入れて、スパイスの香りを移したり、

煮込み料理に入れたりして使います。

よく知られる調理方法をあげるなら、

カレーにローリエという葉っぱを入れて、煮込むといった方法がありますね。

ホールスパイスは、香りの飛びにくさを生かし、

料理にゆっくりと香りを抽出させるのが得意なスパイスです。

カレーの鍋にホールスパイスを入れると、

料理中でも香りを楽しむことができるので、

ぜひ使ってみてほしいです。

カレーを食べる前から、幸せな気分になってしまいます。

ホールスパイスを使う時の注意点は、

焦がさないこと。

ホールスパイスの香りを油に移すときは、

弱火にして、ゆっくりと抽出してくださいね。

この抽出する方法をテンパリングといいます。

テンパリングは美味しいカレーを作るには、

覚えておきたい必須スキルです。

こちらの記事で詳しく解説しています。

>>スパイスカレーの香りを引き出す!失敗しないテンパリングのコツと順番

スパイスカレーの香りが足りない?失敗しないテンパリングのコツと順番
スパイスからカレーなどの料理を作る場合は、ぜひ香りにも注目してほしいです。 スパイスの香りをしっかり引き出すために、 テンパリングという方法をマスターしましょう。 スパイスの成分は油に溶けるので、油と一緒にスパイスを熱すると、 スパイス本来がもつ香りや辛みの成分が料理に行き渡ります。

私がカレーにホールスパイスを使うなら、

カルダモンやマスタードシードを入れます。

カルダモンは別名「香りの王様」と呼ばれ、

さわやかな強い香りが特徴です。

実は日本のカレー粉にも使われています。

Amazonレビュー抜粋:
・スパイスからカレーを作るときには無くてはならない存在です。カルダモンがこんないい仕事するなんて!野球で例えるなら1番センターカルダモンです。

マスタードシードは、南インド料理に良く使われるスパイスです。

つぶつぶの食感がやみつきになる、いつもとは違うカレーが作れますよ。

Amazonレビュー抜粋:
・カルディやスーパーでは扱っていないので、こちらで購入。

自分でスパイスを1つずつ買いたい方はこちらのお店からどうぞ

アマゾン版!スパイスを1種類ずつ安く買える専門店

アメ横大津屋

神戸スパイス

神戸アールティー

楽天版!スパイスを1種類ずつ安く買える専門店・通販サイト

アメ横大津屋スパイス・豆の専門店

神戸スパイス

インドカレーの店 アールティ

パウダースパイスの特徴、注意点は?ホールとの違いは香りの即効性

カレー 辛くする

ざっくりと説明します

■パウダースパイスの特徴
・ホールスパイスを砕いたもの
・香りは即効性が高いが、飛びやすい
・そのまますぐに使える

パウダースパイスは、ホールスパイスを細かく砕いたものです。

スパイス自体の粒が細かいので、

香りや辛み、色を簡単につけられます。

その反面、熱や光、湿気に弱く、香りが飛びやすいので、

保管する時は注意しましょう。

具体的には、密閉容器に入れて冷暗所に保管したり、蓋の開け閉めを素早く行うとよいです。

最適なスパイスの保存の仕方は、以下の記事にまとめています。

>スパイスとハーブの種類別の適切な保存方法!収納に便利な商品を紹介

スパイスとハーブの種類別の適切な保存方法!収納に便利な容器を紹介
この記事では、2014年からスパイスでカレーを作り続けている私が 以下のことを皆さんに解説します。 ①スパイスを保存するコツ ②スパイスが劣化する理由 ③種類別の適切な保存方法 ④保存する際に役立つ商品 ⑤保存に失敗した時の体験談

スパイスやハーブを保存するベストな場所や

使いやすい保存容器なども紹介しています

ホールスパイスとパウダースパイスの使い分け、入れるタイミングは?

ホールスパイスとパウダーの大きな違いは、形状と香りの飛びやすさです。

したがって、料理に使うタイミングが全く違います。

ホールスパイスは、料理の序盤で使います。

フライパンで熱した油に香りを移したり、

下ごしらえで食材の臭みを取るときに使うことが多いです。

逆にパウダースパイスは、料理の中盤~終盤で使います。

料理に香りや色、辛みを瞬時に加えられるので、

効果的に使うためにも、できあがりの直前に使いましょう。

パウダースパイスの代表格のガラムマサラは、

カレーに良く使われますが、入れるタイミングはやはり最後です。

煮込んだ後に、火を止めてから加えると、香りがよくなります。

ホールスパイスはパウダースパイスで代用可能?保存をしっかり!

ホールスパイスはパウダースパイスで代用できるか?

という質問をツイッターのアカウントで受け取るのですが、

私の答えは

「スパイスの種類と保存状態による」

とさせていただきます。

まずは香りの面から。

ホールスパイスの特徴である香りが飛びにくいという性質を、

パウダースパイスのような香りが飛びやすいもので代用する場合、

しっかりとパウダースパイスを保存していれば、

香りの強さがパウダーの量に比例するので、代用しやすいです。

香りを強くしようとして、結果的に入れた量が多すぎることは起きないでしょう。

最適なスパイスの保存の仕方は、以下の記事にまとめています。

>スパイスとハーブの種類別の適切な保存方法!収納に便利な商品を紹介

スパイスとハーブの種類別の適切な保存方法!収納に便利な容器を紹介
この記事では、2014年からスパイスでカレーを作り続けている私が 以下のことを皆さんに解説します。 ①スパイスを保存するコツ ②スパイスが劣化する理由 ③種類別の適切な保存方法 ④保存する際に役立つ商品 ⑤保存に失敗した時の体験談

スパイスを使いやすい保存容器はこちら

パウダースパイスがホールスパイスの代用にならない要素

代用できないのは、食感です。

マスタードシードなどの食感を楽しむものは、

パウダーでは代用できません。

マスタードシードは南インド料理で使われることが多いスパイスです。

プチプチ食感が癖になるので、

ぜひ使ってみて下さい。

自家製マスタード作りにも◎

Amazonレビュー抜粋:
・カルディやスーパーでは扱っていないので、こちらで購入。

パウダースパイスはホールスパイスで代用可能?ミルを使おう

パウダースパイスはホールスパイスで代用が可能です。

パウダースパイスは、ホールスパイスを細かく砕いたものですから、

よく考えれば、当たり前ですね。

いくつかの書籍によると、

スパイスを料理に使う際の一番の理想は

ホールスパイスを購入し、使うたびにその用途に合わせてすりつぶしたり、砕いたり、挽いたりして新鮮な香りを立たせて料理すること

とあります。

挽きたてのスパイスは一番香りがたっていて、

最高の状態です。

ホールスパイスは保存がきくので、

こだわりたい方はホールスパイスで購入して、ミルで挽いてみるのはいかかでしょうか?

まとめ:ホールスパイスとパウダースパイスを上手に使い分けよう!

まとめます。

ホールスパイスの特徴、使うタイミング

■パウダースパイスの特徴
・スパイス本来の形
・香りが飛びにくい
・そのままでは食べにくい
■使うタイミング
・料理の序盤
■注意点
・弱火で焦がさない

パウダースパイスの特徴、使うタイミング

■パウダースパイスの特徴
・ホールスパイスを砕いたもの
・香りは即効性が高いが、飛びやすい
・そのまますぐに使える
■使うタイミング
・料理の中盤~終盤
■注意点
・しっかりと保存する

最適なスパイスの保存の仕方は、以下の記事にまとめています。

スパイスとハーブの種類別の適切な保存方法!収納に便利な商品を紹介

スパイスとハーブの種類別の適切な保存方法!収納に便利な容器を紹介
この記事では、2014年からスパイスでカレーを作り続けている私が 以下のことを皆さんに解説します。 ①スパイスを保存するコツ ②スパイスが劣化する理由 ③種類別の適切な保存方法 ④保存する際に役立つ商品 ⑤保存に失敗した時の体験談

自分でスパイスを1つずつ買いたい方はこちらのお店からどうぞ

スパイスを1種類ずつ安く買える専門店・通販サイト

アメ横大津屋スパイス・豆の専門店

神戸スパイス

インドカレーの店 アールティ

コメント

タイトルとURLをコピーしました